「刑事ゆがみ」視聴率よりも高評価な理由は?爆死予想をはるかに超えた面白さ!

   

2017秋の木曜ドラマ「刑事ゆがみ」が始まりました。刑事ものにありがちな”王道バディもの”と予想し、さらに低迷の続く「フジテレビ」のドラマか〜。と軽い気持ちで見てみたら…。

 

めちゃくちゃ面白いです!!

 

気になって視聴率を調べてみたら…

案の定、低め発進(笑)

 

もっと調べてみたら、私のように期待してなかったけど面白かったという評価が多くてびっくりしました。

 

原作漫画の実写化でもある「刑事ゆがみ」、高評価の理由を調べましたので参考になさって下さいね。

 

 

<スポンサードリンク>


刑事ゆがみ・1話の視聴率は?

前クール(夏ドラマ)同じ枠で、歴史的な爆死を遂げてしまった「セシルのもくろみ」の初回視聴率は5.1%でした。

 

刑事ゆがみ」の初回視聴率は7.6%

ちなみに、瞬間最高視聴率は9.0%!(22:59)

 

フジテレビの木曜ドラマは、視聴者に全く期待されていないので、最初から好スタートとは行かないようですね。

 

おそらく「フジテレビだから見なかった」という視聴者も一定数はいたはずです。私も危うく見逃すところでした。

 

その他にも「神木隆之介の無駄遣いなのでは?」という意見もちらほらあったようで「爆死予想」も立てられていたくらいです。

 

世代を問わず人気があり、誰からも愛される”国民の宝・神木隆之介”に傷はつけられない!という思いはあるでしょう。

 

浅野忠信さんに至っては、あまり心配していませんけどねw

 

浅野忠信さんから本気を感じるような作品は、きっと映画ですもん。テレビで気を抜いているとは言いませんが、いい感じで肩の力が抜けているというか、ニーズに合わせた役作りをしているような気がします。

 

実の娘より若い娘とのスキャンダルが報じられても、彼の人気には全く影響しないところを見ると、さすがだな〜って思っちゃいますね。

 

※浅野忠信さんについて詳しくは、こちらの記事で書いていますので、ぜひ見て下さい。

 

 

「刑事ゆがみ」1話・あらすじ

第1話神木vs杉咲

ある日、女子大生の押田マイ(小倉優香)が歩道橋の階段で死んでいるのが発見され、本人が誤って階段から転落した“事故死”とされた。

 

うきよ署の刑事である弓神適当(浅野忠信)とバディを組む羽生虎夫(神木隆之介)。死体に違和感を感じた弓神(浅野)がバディの羽生(神木)を巻き込んで捜査を開始。

 

弓神は、ハッカーの”ヒズミ”こと氷川和美(山本美月)から情報を得て、事件当日にマイと一緒にいた倉間藍子(大後寿々花)の存在や、彼女たちが1週間ほど前に電車内で痴漢した男を捕まえ、現金を受け取っていたこと、さらにその夜からマイが嫌がらせを受けていた事実が発覚した。

 

”ゆがみ”と”ヒズミ”ね…

そこで、弓神と羽生は痴漢騒動があった駅を訪れ、当日勤務していた駅員・坂木望(杉咲花)から話を聞く。

 

坂木と中学の同級生だった羽生が、彼女との再会に心を躍らせるが、その後、マイと藍子が痴漢行為を餌に犯人から現金を受け取る常習犯だったことがわかり、直近でターゲットにされていた沢谷(岡田義徳)や、その妻・薫子(小倉優子)、藍子までも容疑者として浮上した。

 

しかし!真犯人は意外な人物だったことが判明…。

 

1話の予告動画がこちら↓

※この動画は全話放送終了後に削除されると思われます。

 

 

ドラマの見どころ

このドラマの原作は、漫画家・井浦秀夫氏の同題作品(小学館)で“犯罪者の心が読める”という特殊能力を持つ主人公・弓神適当(浅野)と、正義感が強いものの“腹黒さ”も持ち合わせた相棒・羽生虎夫(神木隆之介)という“凸凹バディ”が難事件に挑む物語なのです。

 

弓神の「天才的な特殊能力」と羽生の「腹黒さ」うまく表現されてますよね〜。

 

 

そして第1話に限って言えば「見どころ」はなんと言っても、神木vs杉咲でしょう!

 

坂木と中学の同級生だった羽生が、彼女との再会に心を躍らせる様子は、元ジブリ映画の監督作品で、2017夏に公開されたアニメ「メアリと魔女の花」の声優だった二人を懐かしむ視聴者からも歓喜の声が上がっていました〜。

 

様々な容疑者の名前が浮上してくる中で、どの容疑者も動機としてありだと思わせる展開は、分かりやすくて面白かったし、推理好きの視聴者の心も掴んだことでしょう。

 

ハラハラ・ドキドキもあり見ていて飽きなかったというか完全に引き込まれました!低迷続きで「オワコン扱いのフジテレビなのに面白い!」と思わされました。

 

それは、やはり原作の面白さあってこそではあるのですが、脚本が面白くて役者がキャラクターを理解し「ちゃんといい仕事」をしているからだと思います。

 

今期「月9」がイマイチよくわからないので、もしかしたら月9超えもあるんじゃないかと、密かに期待しています。

 

とりあえず月9の「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」初回は見ますけどね。

 

ドラマの概要は公式ホームページへどうぞ!

 

 

スポンサーリンク

第1話の感想

学生時代、同級生で委員長だった坂木役の杉咲花さんと大人になって再会した、羽生役の神木隆之介さんとの恋が、どうなっていくのか楽しみだったのに…。

 

まじめで正義感の強い彼女が犯した罪は重いけれど、なんかわかる気がするんですよね。

 

取調室で弓神刑事に突き止められた時の杉咲花さんの鬼気迫る演技がすごくて引き込まれてしまいました。

 

一番悪いのは、痴漢行為を繰り返しても捕まらない犯人なのに…。

 

駅って、必死で生きている人でいっぱいなんですよ。

 

取り調べを受けている時に、彼女が言ったセリフがとても印象に残っていて私自身の毎日、通勤で満員電車に乗っているので身につまされる思いでした。

 

電車に乗る為に使う駅には、目的地に向かう為に必死になっている人が多いです。特に朝は、どんなに満員でも”乗り遅れない為に必死!”

 

そんな中、痴漢行為をやめない犯罪者とお金を巻き上げて解決しようとする被害者。身内が痴漢の冤罪で自殺してしまった遺族のやりきれない思いと復讐心。

 

それぞれの立場に色々な思いが交錯し、なんだかとっても考えさせられるドラマです。

 

 

まとめ

ドラマ制作に先立ち、プロデューサーの藤野氏は「自分が見たいと思える刑事ドラマを作る」ことにこだわったのだそうです。

 

「犯罪者の心が読める天才偏屈刑事」

VS

「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」

ありがちなベテラン刑事と若手刑事の凸凹コンビを浅野忠信さんと神木隆之介さんがどう味付けしてくれるのかが、とっても楽しみなドラマになりそう。

 

見逃してしまった方は↓
FOD(フジテレビオンデマンド)で配信されています。 今なら31日間無料のキャンペーン実施中!

>こちらをクリック<

 

先入観を持たずに、人の心に潜む闇を見抜く観察眼と、強い信念を持った正義感。どちらも刑事にとっては大事なもの。

 

1話ではあまり触れられませんでしたが、今後は弓神の同期でもある稲森いずみさんやハッカー役の山本美月さんについてもフューチャーされて行くと思います。

 

山本美月さんの髪型可愛かったし、クールだけど闇がありそうなハッカー役もかっこよかったですもんね。

 

 

<スポンサードリンク>


 - ドラマ, 刑事ゆがみ