【やすらぎの郷 】ドラマのロケ地はどこ?老舗ホテルや公園など

      2017/05/08

脚本家:倉本聰が同世代のシニアに送る、新しいカタチの昼ドラマが始まりました。「大人の・大人による・大人のための」帯ドラマなんだそうです。若い世代のテレビ離れによる、ドラマの視聴率低下が心配されるなかで、シニア世代をターゲットにした新しい試みはどうなるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

作品概要

帯ドラマ『やすらぎの郷』は、2クール放送の予定です。

 

テレビ人専用の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada」が物語の舞台。この時点ですでに夢のような設定ですが、主演の石坂浩二と豪華女優陣とクセの強~い俳優陣が、この「やすらぎの郷」で起こる悲喜こもごもな出来事を演じ、ノスタルジー漂う人間喜劇です。

 

制作スタッフ

【脚本】・・・倉本聰

【音楽】・・・島 健

【チーフプロデューサー】・・・五十嵐文郎

【制作著作】テレビ朝日

最新話を無料配信>>テレ朝動画

 

主題歌

「慕情」・・中島みゆき(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

 

 

貴重な本人コメントもあります!

 

 

 

放送日は?

出典:公式ホームページ

 

2017年4月3日よりテレビ朝日にて、毎週曜~曜の昼12:30~12:50まで(再放送はBS朝日にて7:40~8:00まで)放送しています。

 

20分の帯ドラマなので、NHKの朝ドラ感覚で毎日の習慣として観られますね!視聴者側としても日中テレビを観る時間がある人は昼食を摂りながら、短い時間で毎日続きが観れるのは気が楽なようです。しかも、BS朝日で再放送もすぐに観れる!

 

 

主演は名優・石坂浩二

豪華な顔ぶれが、往年のスターを演じます!!

  • 石坂浩二(75歳)・・・・・菊村栄(きくむらさかえ)・81歳
  • 浅丘ルリ子(76歳)・・・・白川冴子・78歳
  • 有馬稲子(84歳)・・・・・及川しのぶ
  • 加賀まりこ(73歳)・・・・水谷マヤ・76歳
  • 草刈民代(51歳)・・・・・名倉みどり
  • 五月みどり(77歳)・・・・三井路子
  • 常盤貴子(44歳)・・・・・松岡伸子コンシェルジュ
  • 名高達男(66歳)・・・・・名倉修平
  • 野際陽子(81歳)・・・・・井深涼子
  • 藤 竜也(75歳)・・・・・高井秀次
  • 風吹ジュン(64歳)・・・・菊村律子
  • 松岡茉優(22歳)・・・・・財前ゆかりバーテンダー
  • ミッキー・カーチス(78歳)・・真野六郎
  • 八千草薫(86歳)・・・・・九条摂子
  • 山本圭(76歳)・・・・・・岩倉正臣

 

その他、毎回ゲスト出演者も近藤正臣さんや小松政夫さんなど、まさに往年のスターが出演しています。

 

 

あらすじ

テレビ人専用の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ)」に暮らす老人達は厳正な入居審査を通過した品格ある人物ばかりであるが、そうは言っても華麗な一時代を築いた彼ら人たち。

ドラマは菊村(石坂)の視点でホームに起こる悲喜こもごもな出来事を紡いでいく。テーマは「家族・財産・過去への想い・恋・死への恐怖・芸術への心残り」など多岐に渡る。
引用:公式ホームページより

 

現在、81歳になられた倉本聰氏が長年テレビドラマ界に関わってきた経験のすべてを、自らを投影するような視点で描かれているようです。

 

 

スポンサーリンク

ロケ地が凄い!

ドラマの舞台で、メインとなる老人ホーム「やすらぎの郷 LaStrada」のロケ地となっているのは、川奈ホテルという所です。

 

川奈ホテル

「川奈ホテル」は開業1936年という、歴史ある老舗のリゾートホテルで、政治家や著名人も数多く訪れた有名なホテルです。

 

エリツィン大統領との首脳会談やマリリンモンローとジョーディマジオが新婚旅行で訪れ、当時召し上がったとされる「オムライス」が再現されたことで有名なんだそうですよ。

 

鍵屋

1話にゲストで出演した小松政夫(菊村の小学校時代の同級生)の店「侘助」

【住所】台東区根岸3-6-23

【電話】03-3872-2227

 

 

善福寺公園

主人公、菊村栄の地元である「善福寺公園」です。


【住所】東京都杉並区善福寺3丁目 善福寺公園

 

京王フローラルガーデン「アンジェ」

 

のどかな庭園が素敵な場所です。

 

 

撮影現場には看護師が待機!?

往年の大スターも、今や70代~80代の高齢者ww

若手を除けば平均年齢はなんと80歳だそうです。その為、撮影スケジュールも余裕をもって設定し、朝10時~夕6時に終了させるんだとか。

 

しかも、週休2日です!!

 

その他、撮影現場に看護師がいつも待機し体調のすぐれない俳優さんがいれば無理せずスケジュールを調整するようにしているという手厚さ!

 

 

まとめ

通常のドラマでは、あり得ないキャスティングで始まったこのドラマ。私も一瞬「特番!?」かと目を疑いました。

 

 

このドラマの一番の見どころは、元夫婦で共演している石坂浩二×浅丘ルリ子の抱擁シーンさらには、元カノでもある加賀まりこさんとの共演ではないでしょうか。浅丘ルリ子×加賀まりこが犬猿の仲というのも面白いです。

 

 

この豪華なメインキャストの皆さんは「倉本聰脚本のドラマ」だと伝えると、まだ脚本ができていない段階から出演を快諾したのだそうです。昼ドラはゴールデンタイムのギャラより遥かに低いと言いますが、この企画を実現させた倉本聰さんは本当に凄い人です。

 

超高齢者ならではの撮影現場の様子も驚きでしたが、今後はもしかしたら増えていくのかもしれません。

 

そう言えば「カサブランカ」のテーブルが女優ライトっぽい仕様になっていることに気付いた時は、( ̄ー ̄)ニヤリとしてしまった私です。

 

スポンサーリンク

 

 

 - 2017年4-6月期 ,