大竹しのぶが なぜ2016年紅白初出場 を決めたのか

      2017/01/02

こんにちは、わたぴょんです!

2016年もあと残り数時間…

やり残したことはいっぱいあるけど

2016年に新しく始めたこともあって、来年はそれをメインに出来るよう今頑張っています。

さて、もうそろそろ年末恒例の紅白歌合戦が始まりますね♪

今年は宇多田ヒカルさんが初出場で話題になりましたが、なんと大御所である大竹しのぶさんも初出場で、びっくりしました。あの!和田アキコさんが落選した中、みんな「何で大竹しのぶ?」ってなりましたよね。

スポンサーリンク

初出場を決めた理由はなぜ?

11月24日

大竹しのぶさんが、2016年大晦日の「第67回NHK紅白歌合戦」初出場を決め、ネットでは「なぜ?「何を歌うの?」という声が多く聞かれました。

初出場組が揃うNHKでの記者会見には出席しなかったようですが、VTRで以下のコメントを寄せています。

この世界に入って、40何年で紅白に出場することになって、私が一番驚いてます。歌は大好きで、舞台の上でも、CDでも歌う機会をいただいていて、歌で出られるとは夢のような気持ちです。

今や大女優の大竹しのぶさん、59歳での初出場ですって!

テレビでは、ドラマよりバラエティ番組の印象が強く、天然でほんわかしたイメージですが、本業は舞台や映画という感じですね。

特に舞台では、歌も歌いますから声量もあるし、歌唱力には定評があります。

でも、なぜ今回出場することになったのでしょうか。

 

永六輔を偲んだ企画として

今年7月に亡くなった永六輔さんの作詞で、2014年に山崎まさよしさんとコラボした「黄金のビギン」という曲を出しています。そこで永六輔さんを偲んだ企画が上がったようですが、永六輔さん作詞の名曲「見上げてごらん夜の星を」も聴けるかもしれません。

2017年の1月に永六輔さんの追悼コンサートにも大竹しのぶさんが出演することになっています。

 

ポスト・美輪明宏としての役割

昨年まで出演していた、美輪明宏さんが2016年は欠場となりました。

独特の雰囲気を持った、大竹しのぶさんなら他のアーティストとは違った世界観で、番組に重みを持たせることができるでしょう。

 

歌う曲名は?

実は40年のキャリアを持ち、シャンソンなどのカバー曲を歌いこなすベテランですが、今回の初出場曲は「黄金のビギン」です。「愛の讃歌」でしたね。

スポンサーリンク

今回の紅白歌合戦<全出場歌手>※赤文字は初出場

白組

  • 嵐「復活LOVE」
  • 五木ひろし「思い出の川」
  • X JAPAN「ENDLESS RAIN」
  • 関ジャニ∞「罪と夏」
  • 桐谷健太「海の声」
  • KinKi Kids「KinKi Kidsメドレー」
  • 郷ひろみ「IRREGULAR」
  • 三代目J Soul Brothers「Welcome to TOKYO」
  • THE YELLOW MONKEY「砂の塔」
  • SEKAI NO OWARI「Hey Ho]
  • Sexy Zone「勝利の日まで」
  • TOKIO「fragile」
  • AAA「涙のない世界」
  • 氷川きよし「東京音頭」
  • V6「Beautiful World」
  • 福田こうへい「北の出世船」
  • 福山雅治「1461日」
  • 星野源「恋」
  • 深山ひろし「四万十川」
  • 山内惠介「流転の波止場」
  • ゆず「見上げてごらん夜の星をー」
  • RADWINPS「前前前世(movie ver.)
  • RADIO FISH「PERFECT HUMAN」

紅組

  • AI「HEIWA」
  • 絢香「I Bilieve 2016 ver.]
  • E-girls 「E.G.summer RIDER」
  • いきものがかり「ラストシーン」
  • 石川さゆり「恋しゅうて」
  • 市川由紀乃「心かさねて」
  • 宇多田ヒカル「花束を君に」
  • AKB48「ハイテンション」
  • 大竹しのぶ「黄昏のビギン」「愛の讃歌」
  • 欅坂46「サイレントマジョリティー」
  • 香西かおり「秋恋歌」
  • 坂本冬美「女は抱かれて鮎になる」
  • 島津亜矢「おもいで宝箱」
  • 高橋真梨子「for you」
  • 天童よしみ「女のあかり」
  • 西野カナ「Dear Bride」
  • PUFFY「アジアの純真」
  • Purfume「FLASH」
  • 松田聖子「薔薇のように咲いて 桜のように散って」
  • 水森かおり「越後水原」
  •  miwa「結-ゆい-」

がらりと変わったと言われていましたが、懐かしい顔ぶれや、演歌歌手は初出場組からベテラン勢まで揃っていて、まさに子どもからお年寄りまで、休憩しながらゆっくり大晦日の夜を楽しめるラインナップになっているのではないでしょうか。

私はもちろん、夕食を摂ったり・お風呂に入ったり・ほかの番組に変えたりしながらですが、今年もメインで観るつもりですよ。

でなきゃ、やっぱり年が越せないわ~

それでは、また来年もヨロシクです!

スポンサーリンク

 - タレント, 音楽