クライシス 9話のネタバレと感想、キャスト金子ノブアキがテロリストに!?

      2017/06/05

クライシス9話は、いよいよ稲見(小栗旬)の過去に迫ります!初回から、時々フラッシュバックする忌まわしい過去が明らかになるのでしょうか。今回は9話のあらすじ・感想とゲスト俳優の金子ノブアキさんについて調べて来ました。

 

 

<スポンサードリンク>


9話・予告動画

 

 

9話・あらすじ

「あなたの力でこの国を変えてみませんか」と教会で謎の男に声をかけられた田丸(西島秀俊)。林(眞島秀和)の一件で国家への信頼が薄れかけていた田丸は心を揺さぶられる。

一方、稲見(小栗 旬)は自衛隊時代の同期で、当時仲の良かった結城雅(金子ノブアキ)が二週間前に突然姿を消し、捜査対象になっていると聞かされる。鍛治(長塚京三)から、結城が現れたらすぐに連絡するよう命じられる稲見。するとその日の夜、結城が稲見の前に姿を現す。久々の再会を喜び、互いの近況を話し合う2人だったが、「俺はゆがみきった世界を正すつもりだ」という結城の言葉に、稲見はかつて国のために活動を共にした仲間が何らかの理由でテロを計画していると察知。警戒心を強める。そして、2人の間に不穏な空気が流れるなか、結城は手を組まないかと稲見を誘う。 翌日、結城が起こしたある行動により、特捜班は正式に結城逮捕の任務を与えられる。しかし、相手は優秀な特殊部隊員。稲見をオトリにした作戦を実行するも、そう簡単に姿を現さない。このままでは埒(らち)があかないと踏んだ稲見は、鍛治の元を訪ね、結城が自衛隊を抜け出した理由、そして彼の標的を教えてほしいと頼む。しかし、鍛治はかたくなに口を閉ざし、もし結城が銃口を向けてきたら、ためらわずに国家の秩序のために射殺するよう稲見に命じて…。

その頃、内閣総理大臣の岸部正臣(竜雷太)は、アメリカに留学している息子の大介が帰国したがっていると聞き、渋い表情を浮かべていた――。引用元:CRISIS公式サイト

 

 

主要キャスト

<特捜班のメンバー>

  • 小栗 旬 ☞ 稲見朗、元自衛隊員で特殊任務で受けたトラウマにより深い闇を抱えている。
  • 西島秀俊 ☞ 田丸三郎、元公安部外事課に所属。スパイ摘発や新興宗教団体に協力者を送り込んでいた。
  • 田中哲司 ☞ 吉永三成(班長)、元警視庁捜査一課刑事、取り調べの名手。特捜班のリーダーとして常に冷静な指揮を取る。
  • 野間口徹 ☞ 樫井勇輔、元機動隊爆弾処理班で「共感覚」の持ち主。手作りロケットを飛ばして遊ぶお茶目な一面も。
  • 新木優子 ☞ 大山玲、「サイバーフォース」から特捜班に転属、元凄腕のハッカー

 

<公安関係者>

  • 長塚京三 ☞ 鍛冶大輝、警備局長、特捜班の設立者。正義か悪か…謎中の謎、実は黒幕説あり
  • 飯田基祐 ☞ 青沼祐光、公安総務課長、特捜班への指示者。鍛治に中性を尽くしているようで、眼鏡の奥の気持ちは謎。

 

  • 眞島秀和 ☞ 林智史、新興宗教団体への潜入捜査がバレて命の危険に遭うも8話で特捜班に助けられる。現在は安全の為、海外へ
  • 石田ゆり子☞ 林千種、林智史の妻であったが2年にも及ぶ潜入捜査を待ち続けることに疲れ果て、気持ちが夫から田丸へ移ってしまう。

関連記事:CRISIS8話・林(眞島秀和)が登場!田丸と千種の禁断の恋はどうなる!?

 

 

9話・ネタバレと感想

準備中。

6/6(火)の放送終了後に更新します。

 

 

見逃し配信サービスを希望の方へ

朗報です!!

今なら31日間無料トライアルキャンペーン実施中です。

この機会に視聴する方はこちらがお勧め!>> 【フジテレビオンデマンド】

 

↓今すぐクリック↓

 

9話・ゲスト俳優はこの人!

金子ノブアキ(かねこ のぶあき)

  • 本名:金子 信昭
  • 別名:金子 統昭
  • 東京都世田谷区出身
  • 1981年6月5日生(35歳)
  • B型
  • 2013年に一般女性と結婚
  • 公式サイト

 

金子ノブアキ×小栗旬と言えば、2009年公開の「クローズZEROⅡ」でしょう!三池監督作品の真骨頂でもある、バイオレンスアクションシーン満載で男たちの死闘が繰り広げられていました。

 

金子ノブアキさんは、下北沢生まれで実は子役出身です。この生い立ちから今の風貌が予想付かないですが、子供のころから大人と仕事をするのが嫌だったそうですよ。

 

父親がドラマーだったことから、自身も「RIZE」というバンドを結成しドラマーとして活躍されています。

 

「自分では、根っからミュージシャンだなと思ってます。まあ、子役時代に大人たちと仕事をする中で育った反骨精神が、僕をバンドへと走らせたという経緯があるんですけど(笑)。

音楽業界の頭打ち感を感じた時に、自分ができることはなんでもやってみようと思って、芝居の仕事も挑戦し始めたんですよね。でもそれが音楽のヤツらには“不義理”とされるときもあり、だからこそ音楽でも負けていられなくなって“なら、ライブやろうぜ!”と。

ブルース・リーがよく街でケンカを売られても逃げなかったという話があるんですけど、まさにそんな感じ(笑)。

俳優は俳優でコンスタントに経験を積んでいきたかったし。『クローズZEROII』で俳優として名前を覚えてくれた人が一気に増えたんですけど、ちゃんと役者として成長するなら“飛び級”じゃなく、時間かけて経験を積まないと」

引用元:金子ノブアキを閉じ込めて…/

 

 

結城雅という役

  • 稲見(小栗旬)とは、自衛隊時代の同期
  • 2週間前に姿を消し捜査対象になる
  • 「歪みきった世界を正すつもりだ」という言葉からテロを匂わす。

そのビジュアルから孤高の悪役になることが多い金子ノブアキさんですが、今回はどんな結末を迎えるでしょうか。

 

若い魂が必死に叫んでも、世の中は変えられないのか。やり方を間違えているだけなのか。毎回、鍛治(長塚京三)の掌の上で転がされているような虚しさも感じますよね。

 

悪をそのまま「悪」と思えなくなってくるのがこのドラマです。

 

 

まとめ

「CRISIS-公安機動捜査隊特捜班」第9話の、あらすじとゲスト俳優・金子ノブアキさんについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

 

日本では、まだドラマの中の「架空の出来事」ですが、海外に目を向ければテロの恐怖はすぐそこまで来ているといってもおかしくないですね。

 

テロリストは何か特別な訓練や洗脳などを受けた人がなるものだと思っていましたが、今の時代、みんな何かしら闇を抱えていることは否定できません。

 

悲しい最期を遂げる結末の多いCRISIS。

それゆえドラマティックではあるけれど、間違ったやり方で命を落として欲しくないですよね。

 

最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年4-6月期, CRISIS-公安機動捜査隊特捜班, ドラマ