CRISIS(クライシス)6話のゲスト山口馬木也の悲しすぎる真相

   

「CRISIS-公安機動捜査隊特捜班」の6話が放送され、さらに闇が深くなっていくこのドラマは、いったい私たちをどこに連れて行こうとしているのでしょうか。今回ゲストの山口馬木也さんについても調べてみました。

 

6話を見逃してしまった方は見逃し配信で視聴できます。

FOD
とにかく早くみたい!

全話をお得にみたい!

過去のフジTV作品もみたい!


 

U-NEXT
1話だけ無料でみたい!

ダウンロードして移動中にみたい!

他局のドラマや映画もみたい!

 

 

 

ドラマのあらすじ

11年前に地下鉄車両内で無差別爆弾テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見修一(山口馬木也)が、都内のコンビニに突如姿を現す。里見が再びテロを計画しているのではないかと危惧し、里見の逮捕に躍起になる警察。鍛治(長塚京三)も、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまく使うよう圧力をかけられる。

その頃、とある地下鉄の駅構内には、当時テロを計画したカルト教団の信者・羽田(山口翔悟)の姿が。羽田は駅に厳戒態勢が敷かれていることを確認すると、警察から身を隠している里見の潜伏先へと向かう。
特捜班のオフィスでは、大山(新木優子)がネット上にワナを張り、早くも里見の居場所を突き止めていた。吉永(田中哲司)から指示を受けた稲見(小栗 旬)と田丸(西島秀俊)は早速現場へ急行。車でアジトを出た里見らを、待ち構えていた稲見と田丸が追跡を開始。しかし、その動きを察知した里見らは巨大なホームセンターへと逃げ込む。追いかける稲見と田丸の前に里見を守ろうとする羽田らが立ちはだかり、激しい攻防戦を繰り広げる。その隙に里見は現場から立ち去り、形跡一つ残さず姿を消してしまう。そのあまりに完璧な逃亡ぶりに違和感を覚えた稲見は、「何か知ってるんでしょ?」と田丸に問いかけて…。
引用元:http://www.ktv.jp/CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班/story/02.html

ここで田丸(西島)が「あくまで噂」と前置きをして、カルト教団に潜入捜査を命じられていた警察官が寝返って、テロの実行犯になったという公安での噂を稲見(小栗)に語って聞かせます。

 

長期の潜入捜査をする警察官の情報は警察内部でも抹消されてしまう。その為、現在も彼の情報は明らかにされないままだということ。

 

稲見が「動機はこの前田丸さんが言っていた、本当に人生に戻れる大切ななにかを見失ったからなのではないか…。もし里美が俺たちと同じ警察官だったとしたら、その足跡を見つけてやあなきゃならないんじゃないですか?それを見つけることが、あいつを捕まえる近道なのでは?と言ってきました。

 

その頃、特捜班の上司である鍛治(長塚)は「明日の朝までに、あいつらが里美の狙いに気付かなければヒントをやるつもりだ。」と、何やら里美の狙いを知っているようなそぶりをみせます。

 

特捜班の5人も出動‼

元天才ハッカーの大山(新木優子)の情報収集能力と、稲見の洞察力とで、犯人の目的が判明し、特捜班5人もそのまま、乾警視総監の自宅へ向かいます。

 

乾氏の出勤を待ちかまえていた里美がまず、運転手を狙撃…、続いて乾氏を標的に拳銃を構えた瞬間、稲見の体当たりで最悪の事態は免れた。

 

 

6話・ネットの感想

 

 

 

 

6話ゲスト・山口馬木也とは?

芸 名: 山口 馬木也 (やまぐち まきや )
本 名: 槙矢 秀紀(まきや ひでのり)
誕生日:1973年2月14日 生まれ
身 長:180㎝
出身地:岡山県
血液型:A型
星 座: みずがめ座 /丑年

出典:タレントデータバンク

 

CRISIS・6話で里見修一役だった山口馬木也さんは、目力があって硬派なイメージ。

twitterもFacebookもやっていないそうで、Facebookがドンキに売っていると言われて本気にしてしまったという逸話も残っているほど、ネット関係には弱い一面もあるようですね。

 

180㎝の長身を活かして、今回の潜入捜査からテロリストに寝返った役では、稲見(小栗)と田丸(西島)と一緒にいるシーンでも遜色なく、立ち居振る舞いがカッコよかったですよね。

 

プライベートでは結婚もされていて、お子さんが生まれたばかりなんだとか。

 

また現在、舞台「ハムレット」にも出演中です。

 

スポンサーリンク

設定に矛盾点ありあり!?

長塚京三演じる鍛冶警備局長が電話に出るシーンで、通話アイコンをポンっと押して電話に出ていたんですがあれでは電話出れないはずと細かい指摘も発見しました。

 

 

特捜班は実在する!?

ドラマのタイトルにもなっている「公安機動捜査隊特捜班」という組織は、今の日本に実在しているのでしょうか。

↓   ↓   ↓

答えは・・・・

YESです!

 

公安機動捜査隊とは警視庁の公安部に所属する組織で「公機捜」と呼ばれているそうで、主にに爆発物などを用いた事件の初動捜査や特殊な鑑識活動、NBCテロ核物質、生物、化学物質を用いたテロ)の研究などを担当する部隊なんだそうですよ。
引用元:Wikipediaより

 

つまり警視庁公安部の爆弾やテロ対策に特化した組織ということですね!

 

 

里見が教団に寝返った真相とは

元上司であり、公安総務課の課長だった乾陽一(嶋田久作)が3か月前に警視総監になったことで、11年もの間、身を潜めていた里見が動き出しました。

 

乾が自宅マンションから出て来る所を狙うと踏んだ特捜班も乾の自宅へ。

 

そこへ稲見が体当たりで狙撃を食い止め、里見を確保。

 

稲見が「なぜ寝返ったのか」里見に尋ねると…。テロ実行の5日前に教祖から実行計画を命じられた事を公安へ報告。すぐに自分の任務は終わると思っていたが、当日になっても仲間は来なかった。裏切られた思いと、決行しなければ自分が殺されるという恐怖心からテロを実行せざるを得なかったと告白。

 

さらに、自分の報告が無視された理由などどうでもいいが、自分がこっちの世界に戻る理由がなくなってしまったと告げます。

 

稲見「警察官なら例えテロを実行せずに始末されたとしても罪のない人の命を奪うべきではなかった」

里見「確かにそうだな…、理屈は正しい。後はお前が同じ目に遭った時に本当の答えが分かるだろう。。。」

 

翌日、里見は拘置所で自ら首を吊って亡くなってしまいました。なんて悲しい結末。地下鉄サリン事件を彷彿とさせる内容だっただけに、これはドラマなの?本当に起こっているの?と疑いたくなる内容でした。

 

 

まとめ

初回から見てきて今回が一番、胸が苦しくなる内容でした。謎が残るストーリーは金城作品の代名詞でもあるのですが、特捜班が戦う相手は誰?この国?相手が大きすぎて私なら萎えてしまいそうです。

 

来週の第7話では、久々に「平成維新軍」が登場します。まだまだ先の見えない展開に不安と期待が入り混じっています。

 

今回のホームセンターでのアクションはエンターテインメントでしたよね!

 

眼鏡をかけたスーツ軍団が一斉に外すシーンはワクワクしちゃいました。だんだん規格外の意味を理解してきている私。来週も楽しみです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 - 2017年4-6月期, CRISIS-公安機動捜査隊特捜班, ドラマ