【僕やり】相関図がすごい!最終回の結末は!?

      2017/07/10

2017年7月18日(火)夜9時~※初回15分拡大

夏ドラマ期待度の高い、窪田正孝主演「僕たちがやりました」(僕やり)が始まりますね。今回は注目の相関図と新しく出てきたキャスト情報について調べました!

原作とは違う!? 最終回の結末についても予想してます。

 

 

<スポンサードリンク>


ドラマ概要

原作漫画:「僕たちがやりました」(講談社:ヤングマガジン刊)は、原作:金城宗幸、漫画:荒木光の人気コミックです。

 

↓立ち読みしたい方は画像をクリックして下さい↓

 

  • 脚本:徳永友一(嫌われる勇気、探偵の探偵、HOPE~期待ゼロの新入社員)
  • 演出:新城毅彦(あすなろ白書)、瑠東東一郎(新・ミナミの帝王シリーズ)
  • 主題歌:DISH//「僕たちがやりました」(Sony Music Records)
  • オープニング曲:Mrs.GREEN APPLE「WanteD!WanteD!」(Universal Music Records)
  • 関テレ制作・フジテレビ系

カンテレ制作のドラマは定評があり、2017年からだけでも1月期の草彅剛主演「嘘の戦争」、4月期の小栗旬主演「CRISIS-公安機動捜査隊特捜班」といずれも高視聴率のドラマとなっています。

関連記事:嘘の戦争CRISIS-公安機動捜査隊特捜班

見逃し配信で見たい方はこちら→FODフジテレビオンデマンド

 

 

あらすじ

主人公の増渕トビオは「そこそこ楽しけりゃ、それでいい」毎日を送る、凡下高生。

 

同級生のイサミ、マル、親がハンパない金持ちで凡下高を卒業しても働く気の無いニートな”パイセン”と4人で、毎日を目立たず静かに送っていました。

 

凡下高の道を隔てた向かい側にある矢波(ヤバ)高校。極悪非道な不良達が通う高校で、凡下高生がよく絡まれてはカツアゲの対象に。

 

ある日、マルが矢波校生をディスっていたところがバレて、矢波高生にボコボコにされてしまった。

 

「矢波高に復讐してやろう!」提案するトビオに伊佐美とマル、そしてパイセンも賛同。

 

深夜の矢波高に忍び込み、パイセンのお金で手作りのプラスチック爆弾を仕掛けるが。次の日、一気に暴発する爆弾!!!

 

ちょっとふざけて仕返ししてやるだけのはずだったプラスチック爆弾が、プロパンガスに引火して大爆発してしまったのです。

 

そうして死者まで出る大惨事へ。

 

そこそこの人生を満喫していたはずだったトビオたち。

急展開をして犯罪者となり、逃亡劇が始まる。

 

そこで彼らを待っていたのは警察や教師の追跡。

不良たちの報復、仲間割れ、大好きなあの子との別れ、罪悪感。

 

疑心暗鬼になりながらも、紆余曲折を経てダメダメだけど成長していく様をハラハラドキドキの展開で描いた青春逃亡サスペンス!!

 

 

キャストと相関図

出典:番組公式サイト

 

増渕トビオ/窪田正孝

ますぶち とびお凡下高2年生。伊佐美、マル、パイセンとつるみ”そこそこの高校生活”に満足し過度な期待はしない主義のイマドキ高校生。マルが暴行を受けたことを機に、今まで眠っていた感情が目を覚ます。

☞8月で29歳になる窪田正孝さんがギリギリの高校生役に挑戦します。

 

伊佐美 翔/間宮祥太朗

【いさみしょう】凡下高2年生、イケメンでチャラ男。女好きでトビオ・マル・パイセンと4人の中では色恋沙汰の知識と経験が豊富。性欲が圧倒的に強い。後輩の今宵と付き合っている。

☞綺麗な顔立ちの間宮祥太朗さんは今年に入って「お前はまだグンマを知らない」など精力的に活動しブレイクの兆しですよね。

 

丸山 友貴/葉山奨之

【まるやま ゆうき】凡下高2年生、通称:マル。キノコ頭カットで寂しがり屋のいじめられっ子体質。NO!と言えない性格。いつものメンバーでつるむのが何より好き。

☞個性的な役どころをどう活かせるか期待します。

 

小坂秀郎(パイセン)/今野浩喜

【こさかひでろう】凡下高卒業生で20歳。通称:パイセン。暇さえあれば、トビオたちの所へ顔を出して、一緒に刹那的な遊びをしている。親がとんでもなく金持ちなので、大抵のことは金で解決できると思っている。

☞元キングオブコメディの今野さんはコント芸人さんだけあって演技力に定評があります。原作ファンの期待を背負ってますから頑張って欲しいです。

 

新里今宵/川栄李奈さん

【にいざとこよい】凡下高1年。<僕やり>キャラクターの中で一番人気。巨乳でエロ可愛さ担当。伊佐美の彼女。

☞人気のキャラクターだけに難しい役どころです。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

 

蒼川 蓮子/永野芽郁

【あおかわ れんこ】トビオの幼なじみ。頭が良くて美人でスタイル抜群!男女関係なく好かれる憧れの存在。幼稚なトビオの考えに苛立ちながらも実はひそかに想いを寄せていた。

☞原作のキャラと一番かけ離れている気がする…。

 

 

スポンサーリンク

三浦 由佳/岡崎紗絵

【みうら ゆか】凡下高2年生。オシャレで垢抜けたイマドキ女子高生。矢波高ナンバー2の不良。有原と付き合っている。蓮子が本音で話せる親友。

☞綺麗系で原作には無いキャラなので、ドラマの結末に関わっていたりするかもしれません。

 

増渕優子/榊原郁恵

【ますぶち ゆうこ】トビオの母親。女手一つでトビオとハル(妹)を育ててきた。トビオが逃亡してからは、息子の帰りを信じて辛抱強く待つ。

☞郁恵さんの演技久しぶりに見ますが、わざとらしくならないといいな~。

 

立花 菜摘/水川あさみ

【たちばな なつみ】凡下高の英語教師でトビオ達のクラス担任。何かかくしている気配が…

☞窪田正孝さんとあまり年齢が変わらないそうですよ。こちらも原作には無いキャラです。謎の多い設定から結末にどう関わるのか注目ですね。

 

市橋哲人/新田真剣佑

【いちはし てつと】トビオ達が通う凡下高の向かい、矢波高の2年生。不良の巣窟、矢波高のテッペンに君臨していて警察にもマークされるヤバい男。

☞2017年に改名したことでも大注目を浴びています。不良役が多いんですよね。

 

飯室成男/三浦翔平

【いいむろ なるお】凡下高地域の所轄刑事。冷静に犯罪者を追い詰め、強引な捜査も厭わない。

☞相関図のビジュアルといい、冷静沈着な役は新鮮です。

 

輪島宗十郎/古田新太

【わじま そうじゅうろう】裏社会のドン。飯室刑事のマークも全く相手にせず。今後、徐々に正体が判明する。

☞もはや何をやっても古田新太。

 

西塚智広/板尾創路

【にしずかともひろ】裏社会に暗躍する悪徳弁護士。今作品では輪島の顧問弁護士を務める。腹黒い一面があり信用できない。

☞冷徹な悪人役がすごくハマります。

 

 

原作とは違う結末!?

公式でも発表しているように、原作マンガとドラマは違う結末が用意されているようですので、予想してみるのも面白いですよね。

 

原作では、最終的に警察に捕まってしまい、逮捕後バラバラになっていた4人が10年後に再開します。ドラマでは、どこまでのストーリー展開となるかわかりませんが、10年後のストーリーを見越して28歳の窪田正孝さんを起用したのではないでしょうか。

 

だとしたら、通り魔のターゲットにされて最期を遂げるかもしれません。

窪田正孝さんには、バッドエンドが合う気がするんです。

関テレ制作だし。。。。

 

 

まとめ

来週7月18日(火)から始まる「僕たちがやりました」(僕やり)の相関図と最終回の結末を予想してみましたが、いかがでしょう。

 

私は、ドラマ化が決まってから原作マンガを読んだのですが、高校が舞台の割には意外とダークな部分が多いですね。

 

でも相関図を見ると華やかな高校生活が見られそうですし、見どころ・ツッコミどころ満載のドラマになると思いますので今からとっても楽しみにしています。

 

主題歌を歌うDISH//とは、この夏だけのスペシャルコラボを披露してくれますので、こちらも注目です!→【僕やり】 主題歌は”DISH//”窪田くんがヤバい!歌わせた人スゴイ!!

 

それではまた。

 

 

スポンサーリンク

 

 - 2017年7-9月期, ドラマ, 僕たちがやりました